転職ご相談事例

年収600万円を確保できる遠隔地への転職ってどうすれば良いの?

速水
27歳、男性

ドラおじさんはじめまして。薬剤師として3年目を迎える27歳の男性です。

結婚し、給与が高いという理由で僻地勤務を希望したところ、東北地方に配属になりました。人事の話では、「僻地勤務であれば年収600万円を確保できる」という話でした。しかし、計算したところ、500万円を少し超えた位でした。

金銭的な魅力があって僻地勤務を希望したのですが、今の給与だと希望に見合う額ではありません。妻もおりますし、今後子どもも考えたいので、もっと給与が高い所に転職したいと考えております。

そこで、転職サイトの利用を考えているのですが、サイトが多すぎてどれに登録すれば良いのか悩んでいます。ドラおじさんのお勧めする転職サイトを教えていただけますでしょうか?

また、妻とも話したのですが、2人ともマリンレジャーが好きなので、沖縄や九州などの温かいエリアに魅力を感じています。しかし、仕事をしながら転職活動をする場合、東北の僻地から南方のエリアに面接や職場見学に頻繁に通うのは難しいです。こうした場合、どうやって転職活動を進めるのが良いでしょうか?

遠隔地での転職活動についてアドバイスをいただければと思います。よろしくお願いいたします。

ドラおじさん
薬剤師専門の大手人材紹介会社に勤務していたアドバイザーで、薬剤師転職のプロ。見た目はメタボだけど仕事はめちゃくちゃ頼りになるおじさん。(実在の人物です。ドラおじさんの詳細はこちら

お問い合わせありがとうございます。

転職活動をすぐに開始するのもいいですが、その前に一度人事部と話をしてみてはいかがでしょうか。年収600万円という話だったのに、実際には500万円というのは、さすがに開きがありすぎるのでおかしいと思います。私自身聞いたことがありません。

ボーナス2回分を含んでも500万円だったということでしょうか。もし契約書か何かに数字が残っているのであれば、それを提出して話をしてみては。書面で給与が提示されているなら、会社はそれを守らなければなりません。もし手元に何もないのであれば、人事部に正確な数字を提示してもらって話し合うのがいいと思います。

その上で、速水さんが転職活動を始める場合は、人材紹介大手のマイナビ・リクナビに登録してみてください。

大手をすすめる理由として、転居を伴う就職支援に慣れていること、エリアごとに担当者がいるので、詳しい現地情報を得られることが挙げられます。紹介会社には、「絶対に年収は600万円以上」という希望を伝えるようにしてください。

さらに、高収入や田舎暮らしを希望する理由など、動機についても具体的に担当者に話すようにしましょう。詳細に希望を伝えることで、速水さんの条件にマッチした求人を紹介してもらえる可能性がより高くなります。

東北から遠方の沖縄、九州への転職活動となると、スケジュール調整や現地の情報収集が難しいと思います。親族や知り合いが住んでいれば色々現地のことを聞けますが。できれば3~4日ほど休みを取って、しっかり現地を視察した方がいいでしょう。それが難しいようであれば、エリアを考え直した方がいいと思います。

そもそも面接に行けないなら、企業側は内定を出しようがありません。たとえスカイプ面接が可能でも、直接足を運んで薬局の雰囲気や人と触れ合い、自分に合っているかどうかを肌で感じ取った方がいいと思いますよ。

ちなみに年収600万円であれば、本州でも希望に合った求人が見つかる可能性があります。ドラッグストアのほか、和歌山・滋賀・鳥取・島根といったエリアの薬局なら、年収600万円を提示してもらえるかもしれません。

初めから「沖縄や九州の僻地」と限定しちゃってますが、本州でも希望の求人が見つかるかもしれないということです。その辺りも含めて検討してみてはいかがでしょうか。

ひとみ
薬剤師、ライター。オランダ在住。(詳細はこちらのページで)

年収600万円を確保できるという話で僻地を希望したのに、実際には100万円近く低い年収だったとのことですよね。それでは会社に不信感を抱いても当然ですよね。

速水さんの「年収600万円以上」「僻地の中でも九州や沖縄といった温暖なエリア」という条件は難しいものではないので、希望に合う求人は見つかると思います。

「面接や職場見学のために何度も足を運びたくない」とのことなので、ひとつの転職エージェントに絞って複数の面接・職場見学を一度に済ませられるよう、担当者にお願いしてみてはいかがでしょうか。子育ても考えているとのことなので、奥様も一緒に地域の雰囲気や環境を肌で感じてみることをおすすめします。

ただ一点気になるのが、お二人ともマリンレジャーが好きだから沖縄や九州を希望しているという点です。子どもが生まれたら、夫婦生活は180度変わります。速水さんと奥様の価値観も変わるでしょう。

私は沖縄で生まれて幼少期を過ごしたので、個人的には小さな子どもにとってとても生活しやすい所だと感じていますが、本土から来た人が馴染むには少し時間がかかるかもしれません。

私の両親は、結婚してから沖縄に移り住んだので、初めは本土と沖縄の人の違いに戸惑いを感じたと話していました。待ち合わせをしても誰も来ないし、工事業者ですら約束の日には現れなかったと…。私は沖縄でも市内でしたが、僻地となると独特の風習や人の違いがあると思います。

子育てのことも含めて、今一度働くエリアや住む場所をよく考えてみたほうがいいかもしれません。

最終更新日:2019年6月18日
カテゴリー:転職ご相談事例

キャリア相談のご案内

  • 人手不足で休めない。きっつい。
  • 病院じゃなくて、薬局にしとけば良かった……。
  • 早期退職って、やっぱ良くないの?

このようなお悩みをお持ちの新米薬剤師さんはぜひ「ドラおじさんLINE」までご連絡ください。薬剤師転職のプロ・ドラおじさんが、あなたの疑問に全てお答えします。(ドラおじさんの詳細はこちら

LINE転職相談をする

頑張ってます こんな感じで