転職ご相談事例

子どものために、学校の長期休みと合わせて自分の仕事も休みたい。これって難しいの?

アリスさん
40歳、女性

子供を3人持つ主婦です。子供が学校に行っている間、週に2~3日の予定で働かせてくれる職場を探しています。出来れば長期休みの間は、お留守番をさせるのも忍びないので、お休みを取りたいと思っています。

先日薬剤師転職サイト経由で、「平日14時まで、週5日」という求人を見つけて応募したところ、面接へとすすめることになりました。コンサルタントの方に長期休みの件をお伝えしたところ、「まずは面接してから長期休みの件は伝えればいい」と言われました。その上で、「できるだけ頑張ります。けれども、学校の行事等前もってわかっている場合には、予めお伝えしてお休みを頂くかもしれません」と答えるように指示されたんです。

これって嘘をつくことになりますよね。「聞かれもしないうちに、自分の希望条件をあれこれ伝えない方がいい」というアドバイスを頂いたのですが本当ですか?

実はもう面接の日程が決まってしまって、本当にコンサルタントの方のアドバイスに従っていいのか迷っています。面接で嘘をついて仕事が決まっても、結局辞めることになっちゃいますよね?

数ヶ月働いて長期休みの度に辞めるのって、印象が良くないと思うんです。ひとつの場所で長く働きたいのですが難しいでしょうか。ドラおじさんはどう思いますか?

ドラおじさん
薬剤師専門の大手人材紹介会社に勤務していたアドバイザーで、薬剤師転職のプロ。見た目はメタボだけど仕事はめちゃくちゃ頼りになるおじさん。(実在の人物です。ドラおじさんの詳細はこちら

お問い合わせありがとうございます。

夏休みの件はその薬局の隣接する病院やクリニックが何科かによります。たとえば皮膚科は夏場は忙しいので駄目ですが、内科中心であれば夏場はそれほど忙しくないので、夏休みの間お休みでも大丈夫なところもあります。次の長期休みは冬休みですが、年末年始の前後にはお薬を貰いにくる患者さんが多くなるので、ここを長期で休まれると厳しいのではないでしょうか。それならきちんと条件を伝えて面接前にOKをもらうのが良いと思います。

もしくは派遣で、「長期休みの時は働かず、それ以外働く」という選択肢は如何でしょうか。派遣であれば、自分の都合に合わせて勤務条件や勤務時間、そして期間を自由に設定することができます。しばらく派遣で働いてみて、お子さんが小学校を卒業したり少し大きくなったタイミングで、その時に長期で働けそうならパート、無理そうなら派遣を続けるのも良いのではないでしょうか。

コンサルタントのいうことは、心情として理解できます。パートで雇ってほしいのに、「夏・冬休みも絶対無理です」って言い切られちゃうと、受け入れ先がほぼなくなってしまうんです。なので、一旦面接に足を運んでもらって、人となりを見てもらってから、「人が良ければそういう条件でもいいよ」っていってくれる企業さんを探すしかないんです。コンサルタントには嘘をつかず、希望条件をハッキリ言っちゃった方が良いです。その上で、面接がダメだった時に、「どうして週5で働けると言わなかったのか」とか、少しでも責められることがあったら、そのコンサルタントは信用しない方が良いと思います。

面接の際には、就業条件はハッキリと伝えてくださいね。条件をいわなかったり隠したりして入社したとしても、後々揉めるだけですし、嫌な思いをするのはアリスさんご自身です。条件が合わなければ仕方ないんです。切り替えて次の求人を探してみましょう。

先ほど触れたように、こうした条件は本当に厳しいんです。見かけることは少ないのですが、もしかすると僻地では見つかるかもしれません。不安定な人を雇うんだったら派遣さんとか、思い切って常勤で正社員を採用した方が、企業としては良いわけですよね。それを超えても「この人を雇いたい」という魅力がある自信があれば、面接で交渉してみる価値はあると思いますが。

アリスさんのお子さんがおいくつか分かりませんが、小学校高学年もしくは中学校になれば、お子さんの問題も解決すると思います。それまでの間は、もしパートの仕事が見つからなければ、派遣がおすすめです。

ひとみ
薬剤師、ライター。オランダ在住。(詳細はこちらのページで)

正直、「週2~3日の勤務で長期休みはガッツリ取りたい」というパートの薬剤師を雇いたいと思う経営者はいないと思います。

もちろん、「夏休み中の1週間のみ休む」程度であれば問題ないと思います。また、病院やクリニックはお盆休み・GWなどは長期休むところも多いので、それに併せれば問題ないでしょう。

私がアリスさんなら夏休み中の勤務時間はベビーシッターや託児所、一時預かりサービスなどを利用して子どもを預けて働くと思います。「せっかくの夏休みなのに子どもがかわいそう」と思うかもしれませんが、もしかしたらその方が子ども達も気分転換になって楽しいかもしれないですよ。もちろんその分コストはかかってしまいますが、長期的に働くのであればプラスといえます。気まずい思いをして休む必要もありません。

もうひとつの選択肢として派遣などの短期間の仕事を選ぶという手段もあります。ただ、その場合はアリスさん自身にある程度の薬剤師としての経験がないと入ってからが大変です。
人手の足りない薬局に派遣されるわけなので、分からないことがあっても聞きにくい雰囲気の可能性があります。周りの同僚も短期でしか働かないアリスさんに丁寧に指導してくれることは期待できないでしょう。

最終更新日:2019年5月31日
カテゴリー:転職ご相談事例

キャリア相談のご案内

  • 人手不足で休めない。きっつい。
  • 病院じゃなくて、薬局にしとけば良かった……。
  • 早期退職って、やっぱ良くないの?

このようなお悩みをお持ちの新米薬剤師さんはぜひ「ドラおじさんLINE」までご連絡ください。薬剤師転職のプロ・ドラおじさんが、あなたの疑問に全てお答えします。(ドラおじさんの詳細はこちら

LINE転職相談をする

頑張ってます こんな感じで